情報活用能力が必要とは

« 情報技術の利用者数は | パソコン検定トップページへ戻る | 電子商取引(EC)の拡大は »

ゼロから学ぶパソコン検定へお越し頂き有り難うございます。私は主婦として忙しい日々を送るかたわら、パソコン検定 試験(略称:P検)に合格することが出来ました。

パソコンには全く縁のなかった専業主婦ですが、子供が入園し自分の時間ができたのをきっかけに、何かやりたい、自分のスキルUPになることに挑戦しようと考えパソコンをゼロから学ぶことにした一人です。

パソコンは今や万人に必須のツールですが、私の様に全くの初心者層には何をどうしたらいいのかが分かりませんでした。そこで私の実体験を元に、これからパソコンをマスターしようとお考えのパソコンビギナーに向けて、ぜひともパソコン検定と言う目標を持つことをお勧めしたいと思い、サイトを作りました。私の経験がが少しでもお役に立てれば幸いです。

情報活用能力が必要とは

企業がパソコンを導入し、どのような場面で利用することが多いのかを見てみると、多い順に、インターネット、電子メール、自社ホームページ、グループウェア、基幹システムの統合システムとなっています。社会環境が急激に変化する中で、企業経営においても、環境変化への迅速な対応は求められ、そのためには、迅速な意思決定を行う必要があります。迅速な意思決定を行うためには、情報の収集力と分析力、また的確な判断力がより重要となります。各自がパソコンやインターネットを使いこなし、情報活用能力を身につけることが必要となってくるのです。










キーワードでサイト内を検索



※試験要綱は常に変化しますので検定(P検)試験の主催者に必ず最新の試験情報を御確認下さい。本サイトの情報による損害に責任は負いません。それでは、あなたの検定(P検)試験合格を願っております。